トコちゃんベルト~産前産後の腰痛など~

日本では妊娠5ヶ月の戌の日にさらしを巻いて安産を祈る着帯という習慣があります。

妊娠4週頃から骨盤がゆるむホルモンが分泌されてきます。現代では運動不足などから、赤ちゃんが大きくなってくると子宮や赤ちゃんを支えきれなくなり早産傾向になったり、腰痛や尿漏れ、恥骨痛が出てきたりする方もみえます。

モモではこれを100%カットの腹帯とトコちゃんベルトを正しい位置に着用することで予防や緩和をしていきます。
産後は骨盤がうまく閉じるように、またいろいろな症状が残らないように、皆さんに着用して頂いております。

トコちゃんベルトは、正しく装着すると大きな効果を発揮しますが、サイズや種類、装着方法が間違っていると効果が感じられないばかりか体調を悪くすることもあります。

ベルトの装着方法の他、その方に必要な体操もお伝えしています。
トコちゃんドットコム


冷え取り健康法~温かな環境を胎児のために~

足湯でリラックス

温かな羊水、きれいな羊水、適切な栄養で胎児のいる環境を整えてあげることにより、元気で真っ赤な赤ちゃんが生まれてきます。
生まれたあとも穏やかで育てやすい子になると言われています。

温かな母乳もあげられますので、赤ちゃんの体重の増えもいいようです。
モモでは松のオイルをがたっぷり入った入浴剤で足湯や半身浴をして頂いています。

パインハインセンス

パインハイセンスは常時モモにあります。

足湯の指導もしています。連絡先0596-22-3349

冷え取り健康法については、高陽社、健康ジャーナル社さんのホームページをご覧下さい。
高陽社
健康ジャーナル社



化学薬品不使用ナプキン~全ての女性の健康のために~

月経痛・かゆみ・かぶれなどはナプキンの化学薬品が原因です。

  • 子宮頸がんの予防
  • 免疫力アップ
  • 細菌感染予防におすすめ

トルマリンテープつき
一般のものよりやや高値ですが、月経血コントロールと併用すると経済的です。将来の自分の健康、娘さんの健康を考えるとこれが安心です。

⇒ブログ:モモさんのひとりごと(2010.10.30)
「経皮毒と子宮頸がんとナプキンの話」



玄米酵素

ハイ・ゲンキ スピルリナ  赤ちゃんはお腹の中では無菌状態ですが、生まれるときに初めて産道やお母さんの身体についている菌に触れます。それが口や鼻などから身体に入り赤ちゃんの常在菌になります。
 お母さんがどんな菌を持っているかで赤ちゃんの一生の健康が左右されると言っても過言ではありません。
 玄米酵素は玄米を麹で発酵させたもの。腸内環境を整えて、赤ちゃんに良い菌をあげましょう。
 また玄米酵素は妊娠中に必要な鉄分・糖分・葉酸などを一度に摂れるものです。モモでは産後、毎食お食事につけています。



授乳クッション~ベビーベッドがわりにも♪~

助産師さんとお母さんたちが実際に使いながらつくられた授乳クッションです。

授乳クッション
  • ずれていかないように後ろにマジックテープで止められます。
  • 厚みがありへたりにくいため、授乳姿勢が楽に取れます。(授乳姿勢が悪いと赤ちゃんもお母さんも疲れます。腱鞘炎になったり、向き癖が強くなったりすることもあります。)
  • カバーは取り外して洗濯できます。
  • ベビーベッドがわりにもなり赤ちゃんがよく寝てくれる(お友達に出産祝いでもらった方でも、使ってみるとこちらが良いと言われ、購入される方が多いです。)
  • 寝かせ方も教えています。