●お腹ちゃんとの出会い

結婚前から、子育てやお産について話し合ってきた私たちは、赤ちゃんの魂が私たちを、親として選んでくれることを、待ち望んでいました。 そして、2006年3月に待望の妊娠!と思ったら、すぐに流産。
その後、突然の主人の転勤で桑名へ引越し。今年は、なんて、ついていない年だろう・・・と、落ち込んでいた頃、胃もたれがひどく、気持ち悪い・・・何か食べたかな・・・。もしかして・・・?
さっそく、妊娠検査薬で、尿検査をしました。
バッチリ陽性!♪♪3月に妊娠した時よりも、とってもハッキリした陽性反応に、主人と2人で、感動!!
早速、モモさんに電話して、健診へ。夜にもかかわらず、健診を受けてもらいました。
エコーには、大きさ2cmの袋が!妊娠6週と分かりました★
21日には足湯の機械がアパートに到着し、マタニティーライフが早々とスタート!
6月30日には、待ちに待った日赤での初期健診。心臓も動いていました。身長(?)16,3mmに成長した小さな命は、とっても可愛かった 7月6日にこの思いを記録しておきたくて、広告の裏に手紙を書きました。
『赤ちゃん 9週目
はじめまして というべきか・・・
おかえりなさい というべきか・・・
いらっしゃい というべきか・・・
あなたとの出会いは、他の誰とも違う、特別なものでした。
私と誠さんは、とても、喜んだのよ。小さな、小さな、1cmくらいのあなたのエコー写真を見てね。 私が、今、あなたに聞きたいことは、「今日も生きていますか?」ということです。
私の子宮の中でちゃんと栄養足りていますか?頑張っていますか?進化していますか?まだ、小さいからいろいろ心配しています。
でも、今日も祈る事は、「今日も1日育ってください」ということですよ。』
とにかく、見えない小さな命が、今日も生きていてくれているのか、育ってくれているのか、心配しました。
そして、「安心して、私のお腹で育ってね。大丈夫よ。」と語りかける毎日でした。

●つわりの時期について

7月・8月の2ヶ月ちょっとの間は、まさに、つわりに泣かされました。食べられなかったものは、お肉・牛乳・卵などの動物性たんぱく質。にんにくなど香りの強い香辛料。ファーストフードや添加物が入っている(味や臭いでわかる)ものヨーグルトやプリン。
無性に食べたくなった物は、フライドポテト、チーズ、アイス、梅干・・・かな。
食べられるから食べる、でも、食べると吐く。の繰り返し。生ごみや生活の臭い、車のにおい、とにかく、いつも効かない嗅覚が敏感になって、気持ち悪くなります。
眠気がひどく、朝は全然起きられなくなって、朝ご飯も作れず、昼寝をする毎日。昼間に、不安になって、モモさんに電話した事があります。
「ご飯が作れなくて、吐いてしまうんです。どうしたらいいですか・・・」
モモさんは「赤ちゃんと佐々木さんの体が思うようにするしかないわ。 寝たかったら1日中でも寝たらいいし、ご飯が作れなかったら、コンビ二弁当でもいいから。実家に帰ったほうが楽なら、そうしなさい。」
そういわれて、とっても、気が楽になりました。さらに、 「つわりの時期は、赤ちゃんがちょうど、両生類(えら呼吸)から爬虫類・哺乳類(肺呼吸)への進化の時期といえます。 のた打ち回るくらい赤ちゃんも頑張っている。お母さんも、赤ちゃんの苦しさを一緒に味わっているのかもしれません。」
と、本で読み、そうか!赤ちゃんが頑張っているんだから、私も一緒に頑張ろう。と思えました。そう思うと、私が今日も気持ち悪いのは、赤ちゃんが今日も元気な証拠かぁ。
と思えて、変な安心感も感じたりして。骨盤を主人に暖めてもらったり、自分で調整してみたり・・・
でも、この気持ち悪さは、いつまで続くのかな・・・と思う日々でした。主人は、「もうすでに、母親と父親の差を感じるわぁ。」なんて言っていました。
でも、そんなつわりも、4ヶ月に入る頃には、嘘のようにピタっと無くなり、胎教日記を始めました。

●9月11日 『七つの子』 18W3D

お腹の赤ちゃんは、18週目に入りました。寝る前に歌を歌うと、ポクポク動きます。 特に、『七つの子』(カラス~♪なぜなくの~♪)が好きなようで、リズムに合わせるかのように動きます。
赤ちゃんは、見えてるし、聞こえてるし、なーんでも感じているらしい・・・だから、私の胎教は、「おはよう」から始まって、今日の予定を説明してあげます。
この前は、忙しくて、ボーリングに行くことを伝え忘れたら、初めてのボーリング場に、びっくりしたのか…疲れたのか…夜中、ずっとお腹パンパン!眠れませんでした。

●9月23日 『体の声』 20W1D

この前、主人の実家に泊まっているとき 高校生ぶりに、喘息発作が起きました。 ビックリしました! 妊娠してから、つわり以外に にきび、ジンマシン、貧血、そしてついに喘息! 体の声に、耳を傾けるのって、難しいね。 みんな、無理したらいかんよ! 若いうちに、キチンと食べて、寝て、変な体質なおさんと 大事な時に出てくるよぉぉ~!

●9月25日 『すずめの学校♪♪!?』 20W3D

最近、胎動(赤ちゃんの動き)が激しくなってきました。毎日、本を読んだり、歌を歌ったり、会話を楽しんでいます。 会話は、以外に早くからできたので、ビックリ&嬉しい。 どうやって、お話しするかというと、「分かったら蹴ってね」 と言っておいて、いろいろ聴くわけです。 すると、絶妙なタイミングで蹴ってくれる時があります。 特に、「楽しみだね」とか「早く会いたいね」とか 感情は通じやすいようです。 後、自己アピールをしているように思う時もあって、「相手してよ!」と、呼ぶように動くこともあります。 私もビックリするくらい、主人のことが大好きで、側にいると、アピールが激しくなります。昨日なんて、ひどくて・・・ 「すずめーの学校は~♪かーわーのー中~♪・・・」 と、でたらめな歌を主人が歌うと大喜び! 今までの中で、最強に手も足もバンバン動かして答えていました。

●9月28日 『完成!!』 20W6D

最近、制作活動に目覚めて、時間があると、タオルでスタイや、おくるみを作ったりしています。 数日前から、ついに、ガーゼの下着を作り始めました! 昨日、どうしても仕上げてしまいたくて、夜なべしました。とっても小さいし、シンプルなものだから、簡単だけど、「服」はやっぱり難しかったなぁ。 出来上がりを主人と眺めて・・・ 「小さいね(笑)」 「短いね(笑)」と、二人でニヤニヤ・・・ これこそ!まさに、平和というやつですね。

●10月3日『後4ヶ月で出てくるよ!』21W4D(「体の声?」)

30日に、6ヶ月健診に行ってきました。 モモさんの健診は、マッサージや足湯や胎教の本の読み聞かせ・・・ ゆったりとした音楽が流れていて、安心できて、癒される一時間。お金を払うことさえ忘れてしまう(笑) だから、私は、毎月毎月、健診が楽しみで仕方ないんです。

●10月5日 『タオルでスモック!』 21W6D

バスタオルでスモック?お食事エプロン? 作りました。 とっても、簡単でかわいい。 最近ちょっと、気になっていること聞いてください 最近ね、ストレスや頑張りすぎで、 体調こわしている人多いです。妊娠して、時間に余裕ができて、私もやっと無理しない(赤ちゃんのためにも)生活に慣れてきました。 そうしたら、いろんなものが見えてきて、心から思います。大変そうな人多いな・・・って 私も、つい最近まで大変そうな人の一人だったかもしれない。でも、私には命を守り育てるのが、今一番のお仕事なので、自然に自分を大切にできるようになりましたよ。 それに・・・心も体も健康じゃないと、助産院でのお産はできないから。 仕事で悩んでいる人とか、将来とか、恋愛とか・・・ いろいろあると思うし、人との関わりとか、自分の立場とか、難しいことっていっぱいあるけど・・・ 私は、「基準」をどこに持っていくかだと思うんです。 「目標は高く!基準はシンプルに!」 に、尽きると思います。

●10月6日 『ぞうさんパンツ』 22W0D

ぞうさんのパンツ 今日も、創作活動。結婚式で使った、テーブルナプキンが使い道もなく、眠っていたので、そいつをチョキチョキ、縫い縫い・・・ お尻には、私のもう着ないフリースを、チョキチョキ、縫い縫いアップリケにしました! 念願のベビーパンツ!デカパン!

●10月9日 『なばなの里』 22W3D

お花畑 昨日、なばなの里に行って来ました。最高の秋晴れで、満開のコスモスがとっても綺麗でした。車から降りたとたんに、お腹がパーッンと張って、苦しい、苦しい・・・(汗) 沢山の人と、いつもと違う行楽の空気に、テンションが上がっているのか・・・興味深々なのか・・・びっくりしているのか・・・ お腹の赤ちゃんの、瞬時の反応に、主人と二人して、笑ってしまいました。 「今月末、ディズニーランド行くんですけど・・・あなた大丈夫!??」 と、私は赤ちゃんに聞きました。今日も元気です

●10月12日 『ウエストサイズ』 22W6D

最近、本当に見た目が「妊婦さん」になってきました。妊婦さんって、いろいろ謎めいているでしょ? だから、私は、何でも公開しちゃおう!と思います。 まず、体重。53kg(妊娠前)→51kg(つわりでマイナス二kg)→55kg(九月末) ウエスト。88cm(立っている時)82cm(寝ている時)←寝てる方がお腹は楽。 妊娠前より、20cm以上は大きくなっています。本格的に大きくなるのは、これかららしい・・・どこまでいくのかな。 もちろん、うつ伏せでは寝れません。 床に落ちたものや、高いところの物を取るのは、大変。 皆さんも、電車なんかで、妊婦さんがいたら、是非席を替わってあげて下さいね。

●10月14日 『選んでくれたんだね♪』 23W1D

胎内記憶のお話です。 「どうして、ママのお腹に来たの?」と聴くと、 「ママが世界で一番よかったの」とか「優しそうだったから」とか 「ママが寂しそうにしてたから、僕が行ったら寂しくないかなぁ、と思って」とか 答える子が多いらしいです。私たちは、生まれる前、自分で自分の人生のプランを立てて生まれてくると言います。世の中の役に立つように。 自分の背負っている課題をクリアするために。自分で、母親を選んで、自らの意思で生まれてくるんだそうです。 今まで、私は、“選んで生まれて来た側”(子どもの立場)で生きて来たけど・・・ やっと、“選んでもらう側”(親の立場)に立てたわけです。 よくもまぁ、私の子どもになる決意をしてくれたものだ。なんて立派な子だろう。正直そう思います。

●10月19日 『お腹でダンス?』 23W6D

胎動の種類が、最近増えてきました! こつこつ。ぼこーん!グルグル。・・・など。私が、「ポンポンポンポン、ボォ~ン」と、リクエストすると、まねして答えてくれたりします。 お腹の下の奥のほうで動いているから、「もうちょっと、上へ出ておいで」と呼ぶと、表面まで出てきてくれたりします。 今日は、誠さんがでたらめな歌(赤ちゃんはこれが一番好きな様子)を歌うと、ぐるんぐるん!変な動きをしました。まるで、ダンスをしているようです

●10月29日 『性別♪』 25W2D

26日、7ヶ月の健診に行ってきました。今回は、27日からディズニーランド旅行が待っていたので、その前に行っておこう!ということで、1人での健診でした。(いつもは夫婦で行っていました) 7ヶ月にもなると、最近の医療では、ほぼ確定で女の子か、男の子かが分かります。しかし、我が助産院では、エコーを見ながら「どっちかねぇ~?」 「わからんなぁ~?」 という感じ。モモさんは、 「最近の病院では、わかるけど、うちでは、出てくるまでわからんな!」 と、サッパリしたものです。しかも、 「赤ちゃんに聞きなよ~。」 と、普通に、言われました。話しによると、夢で、自分の性別や名前や、 産まれて来る日を教えてくれる子もいるそうです。 だから、夢で教えてくれるように頼んでおきました。 ちなみに、もちろん、赤ちゃん順調ですが・・・お父さん似なのか、24週なのに、頭のサイズだけ26週並でした。 だから、あんまり頭大きくなると、出てくる時大変だから、加減してね。とも、赤ちゃんに、重ねて頼んでおきました。 産まれる前から、注文の多いお母さんです。

●10月31日 『胎内体験』 25W3D

胎内体験。先日の健診で、モモさんに、 絶対おすすめ!やってほしい! 「お風呂の電気を消して入る」 ・・・と言われたので、やってみました。 できたら、ぬるめで、たっぷりのお湯。お腹の赤ちゃんの気分が分かるらしい・・・ 私もさっそくやってみました。ちょっと癖になりそうなくらい、気持ちよかったです。

●11月3日 『でーきーたー』 26W0D

念願の布オムツが縫い終わりました。
妊娠中に、オムツを縫うなんて、とっても幸せなひと時でした。
どこまでできるかわからないけど、とりあえず、布オムツ挑戦はしてみます。

●11月20日 『スクワットでお産!』 28W3D

先日健診に行ってきました!赤ちゃんは28週です。出産まで後12週。 しかし・・・ 頭の大きさは、エコーで何度測りなおしても、30週以上の大きさです。 主人は、小学校入学当時、全校生徒がかぶっていたヘルメットが入らず、一人だけ特注のヘルメットをかぶっていた、伝説の持ち主。 仕方がないんです・・・遺伝なんです・・・頭大きいんです・・・そこで!モモさんが一言 「佐々木さん、背高いから、高さがあるから何とか大丈夫でしょう。」 続けて 「重力の力を借りて、頭だけ出たら、後は楽なもんだから。落っことさないように、気をつけないとね」 私のお産スタイルは、起立もしくは、スクワットの体勢で行うことになりそうです。 写真や、絵や、知識としては知っていたんです。自然分娩の場合、赤ちゃんが出にくい時は、立って、重力の力を活用する事とか、・・・ しかし、初めて、何となく、不安を感じた瞬間でした。頑張れ!赤ちゃん!私も頑張るから! 一緒に頑張ろうね!女は強いよぉ~。

●11月27日 『おへそ』 29W3D

私の胎教日記も、終盤に差し掛かってきました。赤ちゃん、29週半。体重59kg(+6kg)ウエスト91cm。心身ともに体調良好。 今日は「おへそ」の話し。普段は、へこんでいる私のおへそ。お腹が大きくなるにつれて・・・ 縦に広がり、全体に広がり、まん丸になりました。 最近は、赤ちゃんの動きや体勢によって、出べそになったり、へこんだり、変化します。赤ちゃんの頭が上にあるときは、かなり出べそ。おもしろいです。

●12月4日 『30週!』 30W3D

12月1日に、30週健診のため、総合病院絵へ!産科医さんに、エコー、内診、血液検査・・・ ついに、発覚しました!私のお腹の子は、男の子!! エコーも、上手に写ってくれて、横顔も正面の顔も“いいお顔”に撮れました。現在、彼は、1772g、頭(耳⇔耳)8.4cm、今日も、お腹痛いほど、元気に動いております。 私の胎教日記も、終盤に差し掛かってきました。赤ちゃん、29週半。体重59kg(+6kg)ウエスト91cm。心身ともに体調良好。 12月1日に、30週健診のため、総合病院絵へ!産科医さんに、エコー、内診、血液検査・・・ ついに、発覚しました!私のお腹の子は、男の子!! エコーも、上手に写ってくれて、横顔も正面の顔も“いいお顔”に撮れました。現在、彼は、1772g、頭(耳⇔耳)8.4cm、今日も、お腹痛いほど、元気に動いております。

●12月9日 『お父さんっ子です。』 31W1D

昨日の夜、夫婦喧嘩を久しぶりにしました。・・・ちなみに、主人が怒ったことは、無く、夫婦喧嘩といっても、私のわがままが、たまに通らない時、私が一人怒っているという、大変勝手なものですが。 怒って寝たので、夢でも怒っていて、朝起きてもごちゃごちゃ一人で怒っていました。 一通り、主人にわがままを聞いてもらって、多少満足し、でも、眠くて、二度寝しました。二度寝の夢でも怒ってました(←どうしようもない) 見かねた主人は、その間にパン屋さんに行って、朝ごはんを買ってきてくれました☆焼きたてのパンとホットミルクを出されて、すっかり機嫌を直した私・・・。 主人から、私が寝ているときの赤ちゃんの様子を聞かされて驚きました!! お腹の赤ちゃんは、私が熟睡しているときも、元気よく動いているようです。今朝は、あんまり、お腹の上のほうで元気よく動いているので、 主人は朝から、お腹の赤ちゃんに歌を歌い、「あんまり上に上がってくるとお母さんが苦しいから、頭を下にして、もう少し下がってあげてね。」と、 赤ちゃんに話してくれたそうです。赤ちゃんは、お父さんが大好きなので、よく言う事を聞きます。歌が終わると、ちゃんと下のほうに下がってくれたそうです。 主人は「えらいねぇ~」と、ちゃんと、褒めてくれたそうです。 ・・・どうりで、今朝は、お腹が楽な訳だわ♪♪男性は産まないから、わが子の実感が持ちにくい、とか言いますが・・・ 母の知らないうちに、我が家の父子関係は着々と育っていることを知り、ただただ、嬉しく思いました。良い旦那さんです。良い息子です。ありがたい。ありがたい。

●12月14日 『お産への疑問・不安ってある??』 31W6D

友人から、素朴な質問されました(笑)お産への不安ないの?? そりゃそうだ!私は、まだ妊娠8ヶ月半。初産。普通なら、お産を目前に、楽しみ半分・不安半分。ってのが当たり前かもね。 しかし、今のところ、お産に対しての不安は・・・一つも、無い。・・・正しく言うと、無くなった!20歳くらいの時は、人並みにありました。 どれくらい痛いのかな… あそこって本当にハサミで切るのかな・・・恥ずかしいし、立ち会いも嫌や・・・でも、一人で産めるのかな、病院嫌いやし・・・っていうか、本当に私は産めるのか!? いくら考えても、答えは出ないし、教えてくれる人いないし、イメージわかないし・・・まさに!未知の世界!!でした。 しかし、性教育やお産や胎内記憶の勉強を進めてきて、沢山の本や人と出会って、すべてクリアされました。 幸いにも、私は、妊娠前から、自然分娩のことを知っていたから、自然なお産がしたかった・・・だから、 お産自体への不安よりも、自然なお産をさせてくれる環境が三重県にあるのかどうかの方が不安でした。だから、モモさんと出会えて、私の不安は90%解消されたの。 それに、「お産っていいよ!」「産むのって楽しいよ!」という何人かのお産フェチさんの話しも聞いたし。 私にとって、今までの8ヶ月間は、のんびりできて、適度にいろんな仕事もさせてもらい、みんなに大切にしてもらって、 読書も創作活動も沢山できて、いろんな事を赤ちゃんから教えてもらって・・・とっても幸せなマタニティーライフです。

●12月22日『お腹ちゃん』33W0D

私の、お腹ちゃん、この写真(絵)のように、大きくなってきました! もう、お腹が狭いようで、グルんグルん動けないみたい。 体勢を変えたいとき、お腹の壁を蹴って、体を動かします。だから、足の形までは見えなくても、足の大きさは分かるようになりました。 足が、お腹の表面に飛び出てくると、くすぐってあげます。そうすると、喜んで、ますます蹴ります。そんな元気なお腹ちゃん。 しかし、実は・・・少し、ショックな事がありました。血液検査の結果で、私の血小板(止血の働きをする)と貧血の数値が低下していたんです。 モモさんは、このまま低下していったら、助産院でのお産は考えないといけないかもしれない。と・・・。 あまりに順調すぎて、夜深ししたり、足湯さぼったり、食事が適当になったり、運動不足とか・・・振り返ってみると、反省する点が沢山。 と共に、「自然なお産」は、本当に心身ともに健康でないとできないことを痛感! 意識して、努力して、過ごさないと、何となく過ごしていたら満足のいくお産はできないんですよね。 元気なお腹ちゃんに負けないように、私もお産に向けて、体作りがんばるぞぉ~!!

●12月29日 『初雪!』 34W0D

今朝は、起きたら、大雪でした! 一昨日までは、温かかったのに、昨日から急に冷えてきて・・・やっと、冬到来です!今シーズンの初雪ですが、お腹ちゃんにとっては、 人生初の初雪です!「雪降ったねぇ~!」と、話しかけたら、お腹ちゃんはビックリしたのか、寒かったのか、パーンと張って、 ポンポンと反応有り。私は、寒いのも雪もあんまり好きじゃないのに・・・ 寒い季節に産まれてくるお腹ちゃんに、影響されてか(?) 朝っぱらから、雪だるまを作り、大喜びの年の瀬です。もうちょっと、雪が止んだら、いーっぱい着込んで散歩に行ってきます!

●2007年1月7日 『あけまして!予定日決定!?』 35W2D

お腹ちゃんが、自分の産まれてくる日を、いつに決めているのか、年末に本人に聞いてみたんです♪
「お腹ちゃんはちょっと大きいから、1月中に出てくる?」
『・・・』
「じゃぁ、2月9日??」(計算上の予定日)
『・・・』
「2月10日??」
『ぽこ・・・ぽこ・・・』
「あら!じゃあ、やっぱり2月11日!??」
『グルン!グルン!』
・・・誠さんと私は、お腹ちゃんが3ヶ月頃から、「2月11日の建国記念日に出ておいで♪良い日だよ!
祝日だし、私たちが付き合った日だし(←超個人的理由)」と、言って聞かせていました(笑)
今さらですが・・・本当に、私たちの希望に沿ってくれるとは!驚いています♪

≪2週間の良い胎教は、生後10年の育児に勝る≫

私はこの言葉に出会って、赤ちゃんと9ヶ月間コミュニケーションし続けてきて、本当に良かった!
今は、11日に出て来ようと、1月中に出てこようと、何でも元気に出てきてくれたらいい♪というのが、本音ですが、とっても幸せなマタニティーライフです。

●1月8日 『睡眠時間も変化してきたよ!』 35W3D

私は・・・お休み3秒!どこでも、いつでも、何時間でも、爆睡できる人です!しかし!妊娠して、変わりました。
妊娠初期~中期(2~4ヶ月頃)までは、いつも以上に眠かった。昼間に2~3時間の昼寝をして、丁度いいくらい。
朝も全然起きられなくて、朝ごはん作ってませんでした。特に、つわりの時期なんて、一日中寝てるような感じ。家事もできず、出かけるのも必死な状態。
4ヶ月過ぎてくると、つわりも落ち着いて、朝ごはんも食べられるし、起きられるように。
「つわりを言い訳に、家事を怠けていたんじゃないんだから!」
と、主人にも胸を張って言えるように(笑)と同時に、『私はつわりを、赤ちゃんは不安定な成長と胎盤作りの時期をがんばって乗り越えたんだね』と、自分を大切に思えましたね。
7ヶ月にもなると、逆に睡眠が浅くなってきました。膀胱が圧迫されて、夜にトイレに行きたくて起きるし、最近はお腹ちゃんの動きで、
必ず1回は目が覚めます。お腹ちゃんは、20分間隔で起きたり、寝たりしているそうです。お腹から出てきてからも、昼夜関係なく、24時間寝たり起きたりの繰り返し・・・。
睡眠第一の私。実は、産後、赤ちゃんのために夜起きられるかどうかが、心配で仕方なかったんです。
でも!大丈夫!ちゃんと、私の体も、子育てのために、睡眠リズムを変化させてきているのがよく分かる。なんて素晴らしい♪人間の神秘です!

●1月10日 『産休(?)入りました』 35W5D

一応、郵便局で月10日くらいパートをしていた私。9日で、仕事納めとなりました。今まで、身体障害者の介護や、保健室の先生や、こんにゃく作りと、いろんな職場を見てきましたが・・・ 郵便局も、楽しかった!サービス業&金融機関ですから、とっても社会勉強になりましたね♪でも、さすがに、お産1ヶ月前。最終日には、体の限界を感じました。 床に落ちた、ボールペンが取れない・・・ お客さんに座ったまま、おつりが渡せない・・・狭い、機械と機械の間が通れない・・・ 確かに、妊娠は病気ではないし、 運動は大切なので、仕事もここまで続けてきましたが・・・そろそろ、いい感じで引き時ですね。 これからは、友達とゆっくりあったり、散歩をしたり、拭き掃除をしたり。真剣に、お腹ちゃんと自分のために良いマタニティーライフを送ろう!と、心新たにスタートです!

●1月11日 『狭くなってきたのね・・・(涙)』 35W6D

ここ1週間くらい前からかな・・・夜中に、お腹ちゃんの元気さで目が覚め、「イタイーイタイー」と、寝ぼけながら主人を起こしています。
大きくなってきたお腹ちゃんを、抱えながら寝るのは、結構大変で、横向きになって、足を曲げて、丸まって寝ています。寝返りを打ちたくても、
「よっこいしょ!」と、お腹ちゃんを持ち上げて、逆向きに、丸まるので精一杯・・・
私が横向きに寝ているという事は、お腹ちゃんは、右か左に偏ってしまいます。その体勢で、元気よく夜中にお腹ちゃんが、遊んだりすると・・・(お腹の中は、見えないからよく分からないんだけど)
私の大角膜や肋骨にも、お腹ちゃんの足が当たってるみたいに感じて・・・正直、目が覚めるほど痛い。
主人はお腹ちゃんに
「お母さん痛いから、もうちょっと、下に下がって、静かにしてなぁ」
と言ってくれて嬉しいんですが。たぶん、お腹ちゃんは着々と大きくなってきて、もう、狭くて窮屈になっているんでしょうねぇ。 そういう時、
「もう出てきてもいいよね・・・」
主人も私もついつい、そう思ってしまうんですが・・・ こればっかりは、お腹ちゃんの都合がありますから、どうする事もできないんです。
私のお腹ちゃん、いいんやよ・・・お腹ちゃんの準備が整うまで、お腹で過ごしてねぇ。あなたの、タイミングで、出てきたらいいんだからね。

●1月12日 『夫の役割』 36W0D

昨日は、2組の夫婦と一緒に6人でお食事に行きました。しかも、妊婦さん2人。女性は3人とも主婦。男性は3人とも亭主関白!(のつもり?)
とっても楽しいひと時でした。そこで、盛り上がったのは、やっぱり夫婦生活の話。喧嘩の時はどんなんか・・・からはじまって、お産の立会いはどうするか、まで。
「お産の立会いなんてとんでもない!無理!」という、2人の男性チームに対して、主人が言った一言に感動しました。
「これまで、実際してないけど、自分も一緒に妊娠してるようなつもりで過ごしてきた気がする。だから、誕生時に立ち会うのは当たり前。」
これまでの日記にも、何度も登場している主人は、本当にこの9ヶ月間一緒になって、私とお腹ちゃんを支えてくれました。
妊娠前から、お産や子育ての事を二人で話し合っていたので、自然分娩、助産院でのお産に向けての考えも、ぴったり一致していたし、
1回目の妊娠で、流産しているので、命を授かる事の重みを十分理解してくれていました。
つわりの時期には、私のできない家事をしてくれて、オエオエ吐く私の背中をさすり・・・夜中には一緒に起きてくれて・・・健診には、ほとんど同伴してくれ、
私が勉強したり、読んでいる本の事も興味深く聞いてくれました。時には、「早く寝なさい」とか「腹巻しないと冷えるよ」と、マイペースな私は、怒られる事も・・・
私も、一人でここまでは来られなかったと、確信しています。よく、独身の友達に、
「結婚は、まだ先でいいけど、子どもは欲しいぃ~!」
と、言われますが、私からしたら、信じられない感覚!私には無理!お産するのは、車で2時間弱かかる実家の近くなので、もうすぐ里帰りしますが、 実家にいるより、夫婦でいた方が、私もお腹ちゃんも、精神的に安定するんじゃないかとさえ思います。
「育児は育自」と言います。お腹ちゃんが、単細胞からこんなに大きく成長してきたのと同じように、私たちも新米ママ&パパとしての気持ちが育ってきたように思いますね。

●1月13日『写真では見せられません!』36W1D

お産 今の私の楽な姿勢。だいたい、この3つです。 実は、この絵は、『えらぶお産』(大葉ナナコ)という本の中で、産む姿勢の説明に使われている、さし絵なんです!産む姿勢というと、分娩台の上で仰向け。
が一般的に思われていますが、私のように、助産院や自宅出産をする人は、産む姿勢は十人十色だそうです。
それこそ、立って産む人もいるんだって!最近では、そんな好きな姿勢で産むことを、『フリースタイル分娩』と言って、
病院でも取り入れている所が増えてきたらしいから、嬉しい限り。
私は、最近、改めて思います!「産む姿勢は、その妊婦さんが一番楽な姿勢だったのか!」…だって、9ヶ月過ぎてから、
私、気が付いたら自然にこの絵とまったく同じ姿勢をしてるんだもん。お腹ちゃんがスゴく動く時や、お腹が張ってツラいときは特に!
助産院や自宅出産をする人は口を揃えて言います。
「仰向けで産むなんて、信じられない!私には無理!」
この意味が、最近になって、よく分かるようになりました。だって、仰向けの姿勢は、今の私には一番ツラい、キツイ姿勢なんだから。
お産のこと、今までいろいろな本で読んできたけど、体験に勝るものはないですね。

●1月15日 『祖母同伴健診』 36W3D

今日は、36週健診でした。私のおばあちゃんは、81歳。結構、強烈な人物です。看護師の国家試験、第1回目の合格者のおばあちゃん。
そんな、おばあちゃん、助産院で産むという、私のお産が、心配で仕方がないようで、ちょっと私が貧血気味だったり、不調を訴えると
「やっぱり、病院で産みないさぁ~。」
と、言います。今日の健診に、一緒に行く?と、聞いたところ、
「ちょっと行ってみようかな・・・」
と、興味ありありのよう。アットホームな雰囲気と、マッサージや骨盤調整、足湯など、丁寧な健診に感激したおばあちゃんは、帰りの車の中では
「あんな丁寧な健診は、病院ではできやんな・・・」
と、感動していました。助産院でのお産、安心してもらえた様子。よかった、よかった。

●1月16日 『お腹ちゃんのお宮』 36W4D

妊婦健診では、お腹の周り(腹囲)と「子宮底長」を毎回測ります。「子宮底」というのは、子宮の一番上のこと。
私たちから見たら、子宮の天井のように思えますが、頭を下にしている、お腹ちゃんから見たら、子宮の底は上の方になります。
「子宮底長」とは、恥骨からまっすぐにみぞおちくらいまでの長さのことをいいます。
これを測ることで、子宮のだいたいの大きさ、お腹ちゃんの大きさ、羊水のだいたいの量なんかがわかるわけです。
妊娠前の子宮は、こぶし大くらいの大きさです。私の場合、妊娠12週(3ヶ月)のときの子宮底長は、14cm。
どんどん、大きくなって、妊娠30週で、33.5cm。今では、ついに37cmになりました。お腹の皮もすごいけど、子宮ってこんなに伸びるのね!改めてびっくり。
モモさんに「佐々木さんのお腹の皮、妊娠線も出来てないし、きれいに良く伸びてるわね!子宮も、よく伸びてる。赤ちゃんも、お腹の中で伸びしてるよ!」
と言われました。お腹ちゃんの足が、横隔膜に当たっているような感じがするのは、あんがい、気のせいではなかったみたい。

●1月17日 『里帰り』 36W5D

今週から、健診が週1回になるため、ちょっと早いですが、里帰りしています。
お腹ちゃんには、前々から
「お父さんは、お仕事があるから、お母さんと二人だけど、仲良く伊勢で過ごそうね」
「お父さんに毎日会えないけど、お腹ちゃんのこと大事に思ってるよ」
と、里帰りの事を説明してきました。だからか、伊勢に来てから、本当に楽で、とっても良い子です。
今朝は、何故か6時前に目が覚めてしまい、お腹ちゃんとお話ししていましたが、優しく返事を返してくれます。
とっても可愛いくて、愛しいお腹ちゃんです。

●1月18日 『お散歩しましょうか』 36W6D

女性にとって、お産は、一大事!体力が必要です。安定期に入ったら、散歩をしよう、と決めていました。
最近は、時間や距離も伸びてきて、毎日1時間以上の散歩が日課になりました。いつも、一人か愛犬を連れて。足の向かう方へ。テクテク、テクテク・・・
結構、癖になってきて、午後になると、散歩に行きたくなります、30分も歩いてると、ランニングハイ(?)になってきて、とっても気持ちいい。
寒いと、キュ~ッと縮こまってしまう、お腹ちゃん、伊勢は暖かいので、ご機嫌です。
すれ違う小学生に「赤ちゃんおるんやろ!?」と、突然聞かれたり、見たことない鳥や、綺麗な夕日を見れるし、新しいお店を発見できたり、
なかなか、良い感じです。実際、妊婦にとって、ウォーキングは、とっても良いんですよ。女性は、冷え性の人が多いし、妊娠中は運動不足になりがち。
その問題解消だけでなく、ママの骨盤調整にも役に立つし、お腹ちゃんとママのコミュニケーションも上手になれますよ。何よりも、ゆっくり散歩なんて、マタニティーライフの醍醐味ですね。

●1月22日 『支えられて』 37W3D

この写真のベビードレス、母が編んでくれました!「冬の子だからね♪」と、靴下と帽子も編んでくれました。有り難い。
この週末は、主人が伊勢に来てくれたり、新年会があったり・・・たーくさんの人に逢えて、とっても良い週末になりました。
たくさんの人にお腹を触ってもらって、お腹ちゃんはちょっと、びっくりしていた様です。
「この人はだれ?この人は知らない人だよ!」
という感じ。帰って来て、やっぱり疲れたのか、10時には眠たくなり、11時には就寝でした。
お産が近付き、夫婦でこれまでの事を振り返って、話しをする事が多くなりました。彼いわく、
「妊婦は、イライラしたり、不安定になることが多い。でも、その時期に一緒になって怒ったり、妊婦の気持ちを、さかなでる事もなく、上手に過ごせた」
・・・と。確かに・・・そうだったかもしれない。私も、思いました。私が不安定だと、必ず彼は『生理的なものかな?』と考えてくれます。
私は、保健室の先生をしていたので、性教育にかなり力を入れて勉強してきました。
そんなマニアックな、私の話を聞いていたから、主人は、基礎体温からお産の事まで、もしかしたら、普通の女性より詳しいかも。
男が基礎体温の事知っていても、仕方ない・・・かもしれないけど、体温の変動と同じように、怒りっぽくなったり、
泣きべそになる、女性の心の不思議まで理解してくれているから、「女心は理解できない」とはならないみたいです。
夜になったら眠くなる。お昼にはお腹が減る。働くと疲れる。生理前には、尚子は怒る。つわりだから、家事が出来ない(笑)
女性は、そのメカニズムさえ理解していて、体と自然の声に素直に耳を傾けて過ごせていたら、なかり幸せな生き物だ! 私は、そう思うわけです。

 

●1月23日 『いつでも出ておいで!』 37W4D

今日は、37週の総合病院での健診でした!お産の正常範囲は、37週~42週です。だから、37週の健診では、お腹ちゃんの心音を30分間見て、エコーで異常や奇形はないか見てもらい、
私の血液検査をして、母子ともに健康で、助産院で産めるかどうかの最終チェックというわけです。
心配だった血小板と、貧血の数値も、何とかクリア。「大丈夫でしょう。」と、お医者さんからお墨付きを頂きました!
お腹ちゃん 37週4日 体重2901g 頭のサイズ9,4cm
本当に大きく育ちました!初めてお腹ちゃんのエコーを見たときは、ほんの1cmくらいだったのに・・・。
その頃は、本当に私のお腹で、「今日も生きているかな?」「今日も育っているかな?」と、毎日心配で、話しかけていました。もう、その頃が懐かしい。
もう、私達の準備は万端です!いつでも、お腹ちゃんのいい時に、出ておいでね。

    

●1月25日 『夢の真実』 37W6D

モモさんは、日々、神様のような仕事をしています。お腹の中の命に向かって、語りかけ、様子を見て、命誕生のお手伝いをする。
ハッキリ言って、妊娠・お産の過程には、医学や科学では、説明のつかない事がたくさん起こります。モモさんは、いつも言います。
「お腹の赤ちゃんに、聞いたら??」
お腹ちゃんは、時には、夢に出てきて教えてくれるんですって!胎内記憶の研究をしている、池川明さんも言っています。
性別や産まれる日、自分の名前を夢の中で、言葉を使って、伝えた子は、私の助産院でも、けっこういると聞きます。実は・・・私も、これまで気になる夢を3つ見ています!
妊娠して、行動の制限は確かにあったけど、心や体を使って、目には見えない、多くの本質を捕らえる力が養ってきたように思います。妊婦はすごいです。

●1月26日 『食品添加物』 38W0D

私はね、基本的に、あんまり外食やコンビ二弁当食べません。結婚してからは、たまに外食やファーストフードはあるけど、コンビ二食はなくなりました。
それが、先日、急遽ご飯がいるようになり、妊娠して初めてかな・・・?コンビ二で「塩焼きそば」買いました!久しぶりで、ちょっと嬉しかったの。
でも・・・食べていたら、塩辛いだけじゃなくて、なんと!舌や口の中がシビレてきたではありませんか!歯医者さんの麻酔にかかったみたいに、ピリピリ・・・感覚が無くなって。
ずっと食べてなかったり、妊娠してたりすると、体が敏感になって、化学調味料とか、食品添加物に拒否反応起こすらしいです。
今まで、何となく体に悪いとは分かっていたけど、こんなに、ハッキリと症状に出てくるとは!驚きでした。

●1月29日 『テンション高っ!』 38W3D

今日は、38週の健診でした。昨日の夜は、お腹ちゃんと健診のお話を。
「明日は、モモさんで健診よぉ。楽しみね♪」
『グルン!』
「健診のときは、どうやってするのぉ?」
『グルン!グルン!!ボコん!ボコん!』
「そう!そうやってするの!?上手ねぇ~♪」
助産院は、お腹ちゃんの大好きな場所。健診は、大得意です。エコーを当てて、モモさんに見てもらっている間、本当に、昨日の練習通りに、動きまくり。 モモさんに「私も、あなたにお目にかかるのが、楽しみやわ(笑)」
と、言ってもらって、ウキウキ。でも・・・テンション上がりすぎて、お腹ちゃんの心音、最高で180回/分まで上がっちゃって!(成人で、だいたい70回/分、胎児は成人の2倍くらい、140回/分くらいが普通かな)
「もうちょっと、落ち着いて!」
と、私&モモさんに、注意される始末。でも、桑名で一人暮らし中の、主人と、
「お腹ちゃんが、助産院も、モモさんも大好きで、私たちは安心だね」
と、電話で話しました。

●1月31日 『やっぱり!しゃっくりかぁ』 38W5D

前から、お腹ちゃんが、定期的に、鼓動のようにピクっ!ピクっ!って続けて、数分間動くのが気になっていて、何だか、しゃっくりみたいなんです。
場所も、足や手じゃないところで動いているし・・・ でも、肺呼吸してないのに、しゃっくりなんてできるんか!?・・・と思っていました。
でも、しゃっくりみたいだから、モモさんに聞いてみました!そしたら、やっぱり、しゃっくりでした!モモさんも、
「不思議だよね・・・でも、お腹でしゃっくりしてる子は、出てきてからもしてるよ。」
と、言っていました。お腹ちゃんは、お腹の中で、羊水を飲んだり、自分の指を吸って、おっぱいを飲む練習をしています。
羊水をグビグビ飲んでるのは、お腹の上から分かるんよぉ。そんなに羊水よく飲んでたら、そりゃ、しゃっくりもするわなぁ・・・って感じです。

●2月7日 『散歩、スクワット、拭き掃除!』 39W5D

昨日は、最終(のつもり)健診でした!いつもの健診の予定が、モモさんが、
「大き過ぎないか心配だから、病院行こう!」
と、急遽、病院へ行くことに。お腹ちゃんのサイズを、もう一度測ってもらいました。 頭9.7cm、体重3270g うーん!ご立派。
初産の場合、お腹ちゃんは早い時期から、自分の頭を、お母さんの骨盤にはめて、出て行く準備をします。
私の場合、お腹ちゃんの頭が大きいので、しっかり、骨盤に頭がハマって、強い陣痛で勢いよく押し出さないと、お産が長引いてしまう可能性があるらしい。
だから、今のうちに、しっかり、お腹ちゃんが頭を下げて、私の骨盤にカッチリと、はめてもらわないとね!
昨日は、「11日に出てくるんだったら、そろそろ、準備始めないとだめよ!」と、余裕ぶっこいているお腹ちゃんに、コンコンと言い聞かせました。
そして、私も、散歩、散歩、スクワット(お相撲さんの立会いのポーズ)拭き掃除、骨盤、柔らかくして、がんばりマース!今日もいい天気、気分がいいね。

●2月12日 『まだ胎教!?』

10日から、たくさんの人から、「まだぁ~??」「どうぅ~??」「がんばって!」と、メールをいっぱいもらいましたが・・・ まだ、胎教中です。
10日早朝から、お腹が痛みが始まって、いよいよ!と、思いましたが・・・痛みが、お昼過ぎに消えちゃいました。
その後も、一日中、生理痛のような痛みが、強くなったり、弱くなったり・・・でも、さすがに、「産まれる!」という痛みではなく。昼間は、誠さんと歩いて、
歩いて!夜になり、心配になってきて、モモさんに電話したら、「とにかく、夜は、しっかり寝て、体力を温存しなさい」とのこと。
しかし!!夜中に、今までに無い痛みが!こんな生理痛は味わったことが無い感じ。しかも、痛みが5分間隔になり、眠れないし、助産院へ行きました。
夜中の2時半。診察してもらったら、確かに、痛みは陣痛のレベルだったようだけど、痛みもまだ短いし、子宮口が全く閉じてる・・・
何だか、モモさんの顔を見て、安心して、やっと、眠くなってきて・・・ そのまま、助産院で寝かせてもらいました。本当に安心して、7時まで、ほとんど起きることなくぐっすり。
しかも、お腹がすいた私は、7時からモモさんが作ってくれた朝ごはんを食べさせてもらって、2時間二人で、しゃべりまくっていました。
今も、ちょっと痛みますが、家で普通に過ごしています。まだまだ、長丁場になりそうです。でも、こんな状況でもゆっくり待ってくれるモモさんに感謝です。
後・・・チョコ&アイス大好きな私!砂糖は陣痛を微弱にしてしまうので、食べちゃダメ!といわれました。
禁チョコ、禁アイス!妊婦尚子に課せられた、最後の課題です。

●2月13日 『待つということ。前駆陣痛』

10日の朝から始まった、生理痛のような痛み。10分、5分間隔になったり、消えてしまったり・・・ でも、子宮口は閉まったまま。
どうやら、この痛みのことを、「前駆陣痛」というようです。“陣痛の予行練習のようなもの”なんですって。人によって、ない人もいるし、数日間続く人もいるそうです。
この、前駆陣痛が始まって、もう4日目に入ります。
周りの人の心配と期待、今までに経験の無い、予測できない自分の体の変化、不安と、プレッシャーが、ドンドン大きくなってしまいます。
「待つ」ということは、とっても難しい。でも、待つしかない。お腹ちゃんは、私に、いろんなことを教えてくれているように思います。
ほんの少しだけ、強くなれたようにも思います。毎日、慌しく、忙しく、複雑な世の中で、私は、この4日間、ずーッと、ただ「時を待つ」ということをしています。
昨日は、主人とジャスコへ映画を見に行きました。すれ違う、子ども、赤ちゃん・・・誰を見ても、「みんな、こうやって産まれて来たんだなぁ。」「命は、こんなに重い物なんだなぁ。」心から、そう思いました。

●2月26日 『産まれました!』

2月15日 5:58 無事、産まれましたよぉぉ~!
前駆陣痛はじまって、4日・・・まだまだだな・・・と、少し不安な日々でしたが、14日の夜中0時頃から、かなり痛みだして、深夜3時、助産院へ。今度は、本物の陣痛!
14日は、一日中、3分~5分おきにやってくる陣痛を感じながら、母と二人で、散歩&助産院階段を登り降り!陣痛促進剤を使わないので、動いて、動いて、陣痛を進めるしかありません。
午後から、お風呂に入れてもらい、体を温め、気持ち良くなって、夕方、誠さんが到着するまで、階段を登って降りて、「ヒーヒー痛いぃぃぃ~」の繰り返し。
夜になり、少しずつ痛みの間隔が縮みはじめるものの・・・モモさん、誠さん&母も、眠さと疲れのピーク。
私も、もうクタクタで、陣痛と陣痛の間のたった数分間でも、爆睡!ふと気が付いたら、4人とも寝ているんです。 私が痛みだすと、パッと、みんな起きて、母はうちわであおぎ、モモさんは、腰や足をさすり、誠さんは私を抱き支える・・・。そんな事の連続が数時間繰り返されました。
陣痛始まって、もうすぐ24時間。14日の22時ごろ、体を起こしたら、パチン!ジャー!と膜が破れて、破水!
それから、一気に強い陣痛となり、朝5時ごろ、お腹ちゃんの頭が見え始める。それからは早かった!自然にキバリたくなる。大急ぎで助人の助産師さん二人が到着。
30分もしないうちに、うーんうーん頭が出たら、スゴく楽に!肩がちょっとつまったけど、残りをちょっとキバったら、
『する~ん、ポン!』
「あ~本当に出た!良かったぁ!」
30時間におよぶ、長く疲れたお産でした。でも!!本当に素晴らしいお産でした!
体重3540g 身長54cm 頭囲33cm 胸囲35cm
元気な大きな男の子、名前は「太一」です。太一が出てきて直ぐに、抱きました。
抱くと、直ぐに泣きやみ、お地蔵さんの様に目を細めて微笑んでくれました。思わず、主人も涙。
太一の長~い、マイペースなお産を待ってくれた、モモさんに、心から感謝します。 そして、本当に頑張って出てきた太一。
ずっと30時間付き添ってくれた母、私を妊娠中から支え、お産ではずっと抱き支えてくれた誠さん、楽しみに待ってくれていた、多くの皆さん本当に有り難う。
この40週間&30時間は、私に、これまでに無いほど、感謝と幸せと自信を与えてくれました。愛から、愛は産まれるんだなぁ。心から、そう思いました。
女性はみんなこうして、赤ちゃんを授かり、40週間育み、時を待ち、痛みに耐え、喜びと感動に包まれて、一人の母となるんだなぁ。そして、真に強くなり、さらに優しくなるのだと、確信しました!
以上、九月から始めた、胎日記、こんなに素晴らしい記録として、残すことが出来て、本当に嬉しく思います。

そして、この日記で、胎教日記を終わりたいと思います。ありがとうございました★