命をはぐくみ、命を育てる

子供を産み育てる
母親になると言うことは、
古い時代からずっと続いてきた、
きらびやかではないけれど、
とても大事な仕事をするということ。

命をはぐくみ、命を育てる。

母親として子から選ばれた時から子育ては始まる。
胎児のいる環境を整える。
体調を整える。
この作業からいろいろな気づきをし、
これからの自分の生き方にもつながっていく。
赤ちゃんとお母さん 天から与えられ、
人間が持っている産む力・生まれる力を
最大限に使って産む。
母は強くなり、子は初めて達成感を味わう。
子供と向き合い、抱きしめること。
病む時はそっと手を当てるすべ。

何気ないその一つ一つが出来ること。

忘れ去られそうになっている
何か大事なことを取り戻しながら生きる。

そして、日本人として伝えられてきた
生活の知恵を子に伝える。

母親とは、そんなとっても大切な存在。

そんなことのお手伝いをさせて頂ける
モモでありたいと思います。
助産師 宮木孝子 お父さんと赤ちゃん