助産院で産みたいと考えているお母さん、是非この項目に目を通してください。 ここでは、日本助産師会の助産所ガイドラインの内容を簡単にまとめました。

助産院でのお産

妊娠中、正常な経緯をとり正常なお産をされる方は助産所でお産をすることが出来ます。 そして当院では日本助産師会の助産所ガイドラインに沿ったお産をしております。

    例えば
  • 双子など多胎
  • 逆子
  • 前のお産が帝王切開だった
  • 前のお産で出血が多かった
  • 感染症(エイズ・肝炎など)
  • Rh(-)
  • 前置胎盤
  • などの方は、助産院では分娩できません。

詳しくは日本助産師会発行のパンフレットをご確認ください。
助産院での出産を考えている方へ『助産院での出産を考えている方へ』(974KB)

     

当院でのお産

  • 分娩台はなく、自分の楽な姿勢でのお産 (フリースタイル)です。
  • 助産師がずっと付き添います。家族で赤ちゃんを迎えます。
  • ずっと赤ちゃんと一緒にいられます。(母子同室)
  • 骨盤ケアをしています。
  • 陣痛促進剤は使いません。
  • 会陰切開はしません。
  • 母乳で育てます。母乳のためのケアを毎日おこないます。
  • リスクのある時や必要時は薬を使用したり点滴をすることもあります。
  • 分娩監視装置は、入院時・分娩時・その他必要時に装着します。

お産は流行やファッションではありません。医療のないところでのお産をするためにご自身の健康管理、胎内環境を良くすること、 そして、赤ちゃんとのコミュニケーションをしっかりして、自分と赤ちゃんの持っている最大限の力を使ってお産をします。

産ませてもらう、お任せのお産はおこなっておりません。

  

妊婦健診について

7か月まで (23週まで) 1ヶ月に1回
7ヶ月から9ヶ月まで (24週~35週) 2週間に1回
10ヶ月から ((36週以降) 1週間に1回

途中で病院の健診も受けて頂きます。必要な検査は病院健診時に行います。

  • 初期(8週頃~10週頃に1回)
  • 20週頃
  • 中期(28週)
  • 後期(34週)
  • ※妊婦健診公費負担券を使用できます。